トップページ
Google
WWW を検索 日本共産党府議団サイト内を検索
議員おもな活動政策・見解議会活動府政資料リンク

福祉医療費助成制度
特別号を発行しました
2015春パンフ関連資料集
2014春パンフ関連資料集
*2016年9月*

■ 副首都、リニア、カジノ、待機児解消は規制緩和で/松井知事の本会議での議案提案と府政についての発言
 松井一郎知事は9月27日、9月定例会の開会に当たって本会議で提出議案の説明とあわせて、「最近の府政の課題」について発言しました。

■ 暮らし守る論戦へ 10月6日 石川府議が一般質問
 大阪府の9月定例府議会が27日、開会しました。会期は12月20日までの85日間。日本共産党の石川たえ府議が10月6日午後1時から一般質問を行います。

■ 暮らし優先の大阪府政を 府民要求連絡会/府庁周辺をドラム鳴らしデモ 議会開会日に
 府民要求連絡会は9月定例府議会開会日の27日、大阪府庁前でランチタイム集会を開きました。

■ 大阪府の医療費助成制度改悪やめろ 党府議団「府会報告」特別号発行
 共産党府議団は、福祉医療費助成制度の患者負担大幅増など府のねらいを知らせる「府会報告」ビラ特別号を発行しました。

■ 「副首都」の名で万博、カジノ? 「推進本部会議」が第6回会合
 大阪府と大阪市が共同設置する「副首都推進本部会議」の第6回会合が21日開かれ、昨年12月の発足以来の議論を中間整理案としてまとめました。

■ 石川議員が一般質問 10月6日/維新の「身を切る改革」で切られる府民の声 議員の発言増にも取り組まず
 9月府議会は9月28日から12月20日までの85日間です。共産党からは石川たえ議員が一般質問を行います。6日の1番目に質問に立ちます。

■ 府民要求前進へ尽力 9月議会向け市民団体と懇談 議員団
 日本共産党大阪府議団は14日、府庁内で9月府議会に向けた府民団体懇談会を開き、33団体60人が参加しました。

■ 9月議会27日開会 副首都・大阪都推進、クルーズ船受入の補正予算も/福祉医療制度再構築=対象拡大と府民負担増 府民に疑問と怒り
 大阪府は20日、9月議会に提案する補正予算案などを発表しました。

■ 前年下回り続ける消費と収入、安定した雇用と賃上げこそ/安倍政権と維新の会 残業代ゼロ、企業の声を反映
 総務省の家計調査(大阪市勤労者世帯)の家計消費が、前年を下回り続けています。 背景に家計の所得減と将来不安の増大が指摘されています。

■ 100歳以上の高齢者3458人 20年間で10倍以上 女性は14.6倍
 敬老の日を前に大阪府は、9月15日時点で百歳以上の高齢者の年次別推移を発表しました。今年の府内の百歳以上の高齢者は3458人、2006年と比べて2.4倍、1996年と比べて10倍以上です。

■ 咲洲庁舎から撤退を 大手前集約申し入れ 安全対策求める
 共産党大阪府議団は13日、松井一郎知事あてに「府庁舎の咲洲庁舎(旧WTCビル)からの撤退・大手前への集約と咲洲地区の安全対策強化を求める」申し入れ書を提出しました。

■ 「住民福祉」を基本に 来年度予算編成 党大阪府議団が要望
 共産党大阪府議団は13日、「2017年度の予算編成と施策についての重点要望」を松井一郎府知事あてに提出しました。

■ 府内の隠れ待機児童数6568人、保育所増設、保育士処遇改善を
 大阪府内市町村の隠れ待機児童数は計6568人、これまで待機児童として報告してきた1434人とあわせて、実際の待機児童数は8002人に上ります。

■ 福祉医療制度患者負担増やめて拡充を/府議団、医療・福祉団体などと懇談、呼びかけ
 共産党大阪府議団は、大阪府の福祉医療費助成制度が改悪されようとしている問題で、医療、福祉団体を訪問、問題点を報告するとともに、負担増にならないよう幅広い府民との共同を呼びかけました。

■ 大阪府福祉医療費助成制度 患者負担増なしでの制度拡充を
 共産党大阪府委員会が8月25日開催した「地方議員研修会」で、くち原亮府議がおこなった府福祉医療費助成制度についての発言を紹介します。

■ 大阪府立高 統廃合案 大正と泉尾、西淀川と北淀
 大阪府教育委員会は5日、教育委員会会議を開き、2016年度の府立高校再編整備対象校案を決めました。

■ 文化・中小支援など懇談 関西の経済団体と辰巳参院議員
 共産党の辰巳孝太郎参院議員は5日、関西経済連合会をはじめ経済関係団体や官庁9カ所を表敬訪問し、大阪の経済政策などについて意見を交わしました。くち原府議が同席しました。

*2016年8月*

■ 「日本維新の会」に戻る 悪政の全国展開狙う お維・臨時党大会
 国政政党・おおさか維新の会(代表・松井一郎大阪府知事)は23日臨時党大会を開き、党名を「日本維新の会」に変更することを決めました。

■ 副首都推進本部 府の公衛研、市の環科研 施設の集約を議論
 「副首都推進本部会議」の第5回会合が22日開かれ、府と市の大学や産業系・衛生系の研究所の統合に関する議論が行われました。

■ 進行する大阪の「貧困」 「データでみる大阪の成長戦略」/橋下知事就任8年、「戦略」策定6年
 大阪府ではこの6年、年平均2%の実質成長率を達成した年はなく、全国との差は開くばかり。 「貧困」の度合いは深刻です。

*2016年7月*

■ 橋下、松井氏、安倍首相と改憲で会談 補完し合う3分の2勢力 維新「具体的条文示し主導」 本丸は9条
 おおさか維新の会の橋下徹前代表と松井一郎代表(府知事)が7月30日夜、安倍晋三首相と会談したと報じられています。

■ 最低賃金大幅引き上げを 大阪府、労働局に要請
 日本共産党大阪府議団(宮原威団長)は27日、大阪府、大阪労働局、大阪府最低賃金審議会に、最低賃金の大幅引き上げなどを申し入れました。

■ 労働局前で座り込み 大阪労連 さらに1500円に
 大阪労連は28日、今年度の地域最賃の引き上げ額を審議する大阪地方最低賃金審議会が開かれた大阪労働局前で座り込みをしました。

■ 最低賃金1500円に引き上げで、4106億円の消費需要発生/大阪府 労働総研試算 全国では12.1兆円
 労働運動総合研究所(労働総研)は20日、最低賃金の1500円への引き上げによる経済効果を都道府県ごとに試算、公表しました。

■ 特別区か総合区か 選択迫る維新 大阪市解体 再び狙う
 「大阪都」構想で大阪市を廃止し、「特別区」に再編するか、大阪市を残したまま現在の行政区の権限を強化する「総合区」を導入するか―。大阪市で再び制度の議論が始まろうとしています。

■ 「総合区」素案を発表 大阪都構想へ新たな踏み台
 大阪府・市が共同設置する「副首都推進本部」の会合が22日、大阪府庁内で開かれ、大阪市を残したまま区の権限を強める「総合区」の素案が発表されました。

■ 自己負担増を検討 大阪府 福祉医療助成制度で
 大阪府が老人、障害者、ひとり親、乳幼児の福祉4医療制度の自己負担額の引き上げを検討しています。早ければ9月府議会で提案される可能性があります。

■ 大阪府教委 府立・大阪市立高校再編整備計画 実施対象校案選定へ
 大阪府教委は15日、「大阪府立高校・大阪私立高校再編整備計画」の今年度実施対象校(案)を9月定例府議会の開会までに決定し、公表することを確認しました。



これより以前の活動は、「おもな活動」からご覧下さい。

   


トップページ | 議員 | おもな活動 | 政策・見解 | 定例議会 | 府政資料 | リンク
(C)日本共産党大阪府議会議員団
大阪市中央区大手前2丁目大阪府庁 TEL06(6941)0569 FAX06(6941)9179 メールjcp@gikai.pref.osaka.jp